レッツ妊活!お互い瞳は少女が欲しい…

これから両人視線が欲しいなぁと思い始めた時間、なんで両人視線が欲しいのか幾らか考えてみました。

専ら幼児が良いから。は勿論なのですが、ちびっこにとっても兄弟がいたほうが楽しかったり、後々助け合えたりするかなぁと思いました。

そうして、私の望みは婦人だ。上の輩が男児なので両人視線は婦人が欲しいんです。

性分要求が出てしまい、1周囲を授かった時は性別なんていずれも宜しいわ。健康にさえ生まれてくれればなのでいいの、としていたのに。

そんなわけで、望みが叶うかどうかは別として、婦人を受胎できるように工夫して見ることにしたのです。

何かと調べてみたところ、お肉を年中食べていると男児ができ易く、野菜を年中食べていると婦人ができ易いとか。酸性とかアルカリ性とかにカラダが傾いているとどうしてのみたいな対談でした。

も、自分だけではなく、パートナーも同じ食べ物をしなければならないと。うーん、できるだろうか。だって、父親はお肉が大好きです存在。

ので、食べ物はお肉も食べますが野菜もしっかり取り去る側にすることにしました。

そうして調べていて一番ビビッ!と思ったのが、体制法でした。体制法は、出だし体温から排卵日光を見極め、妊活の体制を図るはでした。

簡単に言うと、排卵日光に妊活すると男児ができ易く、排卵日光の2、3日光前に妊活すると婦人ができ易いはでした。ファクトかどうかはわかりませんが、授かり婚のクライアントは婦人が多いのだとか。

そんなふうに言われると、私の周りの授かり婚の方たちは、ほとんどが婦人でした…!

につき、私の妊活は排卵2、3日光前に仲良くするという方策に決定しました。ハリやしわを作らないために摂りたいのがコラーゲンです。