介護ヘルプ限定員になりたい訳ではないのだけれど・・・

介護助太刀専用員の権を取って3年齢になります。今年もスタート結果が販売され、同僚から「当然不合格だったよ」と不合格の割に面白い報せがありました。

その同僚は、3年齢前に一緒にスタートを受けに行き、その時は仲間4個人で一緒にスタートを受けに行き、我々というその同僚は2回瞳、残りの2個人は4回瞳と5回瞳の切り替えでした。

我々は、その当時介護福祉士として老人ホームで介護の仕事をしていましたが、家庭の事情で夜勤ができず、フルタイムは夜勤が必須の作業場だった結果、パートでした。

ですが、フルタイムというアルバイトではインセンティブや支援などに大変差があったので、夜勤のない介護助太刀専用員を目指しそれなりのスタート準備をしました。

ただし、あとの3個人は既にフルタイムになっていて、介護助太刀専用員として働きたいは思っていないけれど、以前から始まったキャリヤー黙殺、人事考課の為に、スタートを受けるのだと言っていました。

パフォーマンス、合格したのは私だけであとの3個人は不合格でした。なんの準備もなく受けていたようなので、40代後半の最年長の我々が通るんだから、惜しくも勉強すれば絶対に通るというけど、って話をするという「思いっ切り苦しいのに絶対通るわけがないし、勉強する倦怠もない」と言われてしまいました。

後我々は、授業を経て介護助太刀専用員の資格取得上、ケアマネとして勤務し、体力的に楽になったばかりではなく、お給料箇所もかなり安定したので上出来してよかったな、と思っていました。

一緒にスタートを受けた3個人がケアマネになった私の話を聞いて、授業が大変し、精神的にきつそうだし、事務運営が多すぎるし上出来しなくてよかったって、負け惜しみにわかるような感触を言っていました。

そうしてまた介護助太刀専用員スタート受験用命の時季が来るといった、「人事考課の為に、また受けようか」ってお願いしながら、願書を取り去りに行くお願いを通していました。

毎年一緒にスタートにあたって、面白くご飯を食べて帰って来る、それが長時間催し物になっているようで、それはそれで楽しそうでもあります。白髪染めシャンプーの中でもおすすめがコレ